kenkoのスカイメモsを買った。自殺したい。

 衝動買いした。

 前から簡易赤道儀がほしいなーと思っていた。vixenという会社は好きだけど、ポラリエはオプションパーツが高かった。kenkoのスカイメモははるかに安く(34000円は安い(安い(安い)))、オプションパーツの数も少なくて済む。

 買ってから気がついたけど、なんと三脚にはネジ穴が2種類あるようだ。なんてこった。

 スカイメモs対応のネジは、所謂太ネジである。対して、わい将が愛用するvelbonの三脚のネジは細ネジであった。

 こうして、スカイメモs専用の三脚と、適当な自由雲台の購入が決定した。まんまみーや、でござる。でもわいはめげずに頑張るぞ。

 正直、簡易赤道儀sigmaの150-600ががっくがくにならずに耐えれるかどうかは微妙なとこである。EOS5Dと合わせれば重量は3kg近くになる。そこにバランス棒を加えて4kgである。うーん、けっこうギリギリ。これで150-600が使えず、レンズさえも新調するという羽目になるのだけはやめてクレメンス。

 600mmならばISO3200で約3分の露光が要求されるので、すっごく微妙である。最早使ってみないとわからない。頼むぞ……。

 ネットで検索してみれば、やっぱりちゃんとした赤道儀を使って写真撮ってる人が多いっすね。当たり前。

 わい将は欲しい望遠鏡があるので、(仕事等の関係でうん10年後が予想されるけど)これと一緒に20マソの赤道儀を購入することを決めている。現実的に車買ってからやろ。

 だから今は簡易赤道儀で十分。初心者だし。んでも9万近くは出費するもよう。や、安い……安いな簡易赤道儀

 っつうか、ガイド用の小型望遠鏡なるものが必要なのでは、と思う。沼ァ!!!

Copyright © 2017 pliocene All rights reserved.