apple storeでiPhone SEをポチった

 中国メーカーのスマホがどうしても好きになれなかった。

「いやまあそんなことを言ったら、メイドインジャパンスマホの部品も中国産だったりするし、iPhoneも中国生産だったりするし」

 ということを言われそうだけど、メーカーが、という点において、Chinaのものを使いたくないだけだ。

 いや、確かにChinaやKoreaの家電の技術はウナギ登りで、最近日本の技術の凄い話なんか全然聞かないし、SimフリースマホのほとんどがASUS(台湾)とHuawei(中国)が寡占してる。両社は低コスト・高パフォーマンスのAndroidスマホを生み出している。デザインも悪くなく(というかAppleを意識してる?)、パット見使い勝手は良さそう。

 そう思ってAsusの製品を2回ほど買ったことが有るけど、買ってからは非常に後悔した。パット見はいいのだ、パット見は。

 今使用している15000円のZenfone Goは、初めのうちこそはよかったものの、今では充電ができないただのゴミクズに成り果てた。まだ使用して1年も経っていない。

 Zenfone GoはGPS性能もよくない。最早狂っているとしかいいようがない。レビューを見ると、他にも似たような症状のヒトがいるらしい。同社のZenfone3などは評価が良いが、二度と使いたいとは思わない。

 HuaweiはHuaweiで、使ったらまた嫌な思いをしそう。SONYXperiaならともかく、最近市場に入ってきたよくわからん中国企業に3万円も4万円も使うのはためらわれる。

 そして、第二の理由としては、Androidが嫌いだということ。

 もうこの時点でAppleしか選択しがなかった。Windows phoneはね……動作がもっさりしすぎててね……。

 ブランドで完全にAppleを選んでしまった。いっそのこと次のパソコンもMacにしてしまおうかな。Macの方が何かと研究に使えて便利らしい。

Copyright © 2017 pliocene All rights reserved.