なんとかなりそう!

 いや、ここで書くことじゃないと思うんだけど、なんとかなりそうになったので嬉しかった話をします。

 来年度、現職を辞めることがほぼ決まってしまいましたが、第一の心配事だったその後の行き先は、希望していたとおりに事が進みそうでした。真面目に研究やっててよかったと思いました。4年間(×⇒4年半)の努力は無駄じゃあなかったようです。友だちと遊ばず図書館に篭って仙人みたいになってた暮らしは不正解である一方である意味正解でした。

 大変嬉しいことに、自分の研究は(卒論レベルにしても)見せた方たちになかなか興味を持ってもらえています。自分でも、可能性のある研究だと思っていたし、終わらせるのはもったいねえなあ、とも思うし、貴重な研究費を払ってやりたいことをやらせてくれる、というのはとても感激です。(もちろん、それを実現するためにはこれからの頑張り次第ではある)

 大学1,2年の頃と比べてだんだんと物覚えが悪くなってきたような気がしますが、まだまだ発展の余地はあると思うので、どうにか頑張りたいです。

Copyright © 2017 pliocene All rights reserved.