クルミの化石

ゆるいキャンプ、ゆるい登山、アマチュアカメラとお勉強

【尾瀬】至仏山の頂きから湿原を見下ろす

山行記録


f:id:pliocene_coast:20170809220353p:plain


鳩待峠(8:00)⇒山ノ鼻(9:00)【30分休憩】⇒至仏山(12:30)【45分休憩】⇒小至仏山(14:00)⇒オヤマ沢田代(14:30)⇒鳩待峠(15:30)

コースタイム:6時間15分
休憩時間:1時間15分

メンバー:2人(自分、高原植物見たいマン)

 鳩待峠へはマイカー規制のため、乗合タクシーかバスで向かう(片道950円くらい)。鳩待峠から山ノ鼻までは一本道の木道をひたすら歩く。
 山ノ鼻からようやく登山道になる。急登の多いガレ場を3時間ほど登る。ひたすら体力との勝負。山頂に近くなるにつれ傾斜が緩やかになっていく。
 山頂から鳩待峠への帰路は体力的に楽。途中にある高層湿原がとても美しい。

旅の記録


road to the mountain


 前々から計画していた尾瀬の登山に行ってきました。メンバーは前回、白神岳(下記事参照)に登ったメンバーと同じ。僕は写真を撮りたい、同行者の友人は高原植物を見たい、という目的。ちょうどこの時期はチングルマ等の高原植物が多数咲いている。ニッコウキスゲもぎりぎり咲いていたような気がする。



 
Alpine plant


EOS5D-1694


in the alpine garden


 例えばこんなのやこんなのやこんなの。

 僕は植物には詳しくないので、せっかく教えてもらった名前も翌日になったら全て忘れてしまった。今度図鑑買おうかなと思う。

 山の中で面白い蝶に出会えた。アサギマダラというやつで、水色の羽根がとても美しい。こいつは沖縄県から本州まで渡りをする蝶らしい。昆虫とは思えないパワフルさ。


EOS5D-1683


 山ノ鼻の標高がそもそも高いためか、森林限界までは比較的すぐにたどり着けたような気がした。コースのほとんどが低木&ガレ場&が続き、景観の良い道がひたすらに続く。それだけに「もうすぐ頂上だろ」という錯覚を感じるのだけど、これがなかなかたどり着かなかった。休憩を挟みながら登った所、かかった時間は実に3時間。大した事ない登りなんだろうけど。


EOS5D-1700


EOS5D-1695


foggy today


 有名な山なので、このシーズンは基本的に、常に前後に登山者がいる状態になる。コースを間違えることはほぼないだろうし、単独登山もやりやすいと思う。

 ただ、帰りは必ずや渋滞に巻き込まれることが予想される。紅葉シーズンなんかは恐ろしい。駐車場もいっぱいだったし、早朝に現地に到着、そそくさと帰るのが理想だと思う。

Copyright © 2017 pliocene All rights reserved.