大洗磯前神社での天の川撮影と流れ星

 有名な大洗磯前神社の神磯の鳥居です。


大洗磯前神社ホームページ │ 神磯の鳥居



 撮影時期は3月だけど、時間帯によっては夏の天の川が観測できます。この時期だと、さそり座は夜中の2時くらいに東の空から昇ってきます。さそりを目印にすると天の川は簡単に見つかります。

 この季節だと、観測に適しているのは木星とスピカで、写真の右上に写っている二つの明るい星がそれです。超広角レンズで撮影してもはっきりわかります。

 1年前に撮りに行った写真。天の川と鳥居をどうにかうまく写そうとするけど、明かりに邪魔されて難しかったです。


f:id:pliocene_coast:20171024001937j:plain


 大洗磯前神社は、天の川を綺麗に撮れるところだとあちこちの記事で紹介されていますが、市内にあるのでこれでも結構明るい方だと思います。冬の天の川を見るには少々厳しいでしょう。

 基本的には堤防内にカメラと三脚をセットすることになります。波が荒いので、磯に降りてしまうと危ないです。通路は細くて狭いですが、簡易チェアを置いて寝ても後ろを通れるくらいのスペースはあります。

 夜中に星を撮っていたのはおそらく2、3人くらい。途中で人が増えたり減ったりして、最高で5人くらい。夏場だともっと多いかも。夜が開けると人の数は倍以上に膨らんで、みんな望遠レンズを構えていました。朝焼けを鳥居の中に収めて撮ろうとしているようでした。

 しかし、太陽の沈む方角も時期によって異なってくるので、事前のリサーチが必要でしょう。ベストな時期は、確か1月です。お正月だときっと人であふれかえるんだろうなあ。

交通アクセス

 自分は電車まで行きました。新宿発、途中で電車を乗り換えて水戸駅で停車。水戸駅付近で食事をした後、大洗駅行きの電車に乗り換えます。

 大洗駅からは徒歩約35分の距離があります。

 マイカーで行く場合は、常磐自動車道を経て北関東自動車道を経由します。

施設

 神磯の鳥居は大洗公園と隣接しています。徒歩数分の距離に大洗公園駐車場があり、星を撮りに来ていた方はここに車を停めていました。

 真夜中だと神社のトイレは開いていませんが、大洗公園は24時間開園しているため、利用できます(と、思います)。

 鳥居の近くには旅館やホテルが並んでおり、撮影ではホテルの明かりと、南の方で明るく光る町の明かり(銚子方面)に困らせられることになります。近くには一般の方の民家もあるので、夜中に大声で騒ぐと迷惑です。

 また、近くにはセブンイレブンがあるため、何かあればコンビニを利用することも可能です。

Copyright © 2017 pliocene All rights reserved.