北と日記

大学院生の多趣味奮闘日記

CP+2018に行ってきたんだ!

 3月1日から4日間、みなとみらい駅近くの「パシフィコ横浜」でCP+2018(シーピープラス)が開催されている。CP+2018って何なんだ! というと、カメラと写真映像のプレミアショーのことです。カメラメーカーやカメラ機材関係のメーカーが各自出店して、製品をアピールする場でもある。メーカーによってはプロ写真家を読んだり、モデルさんを招いて色々聴いたり触れたり(カメラに)できる場所である。

 会場はみなとみらい駅を降りてすぐ。東京方面からなら、横浜駅で乗り換えることになります。

 今回が、初めてのCP+。思ったより人がいて、製作中のレンズやカメラに触れるのが良かった。

 写真には撮ってないけど、Kenko&TokinaOperaやFiRINが良かったです。FiRINはAF版も20 mmだけど、これより広角の単焦点レンズを出して欲しい。いや、出るという噂があったような気がするが。

f:id:pliocene_coast:20180301205020j:plain

f:id:pliocene_coast:20180301205149j:plain

 TAMRONは好きか? 俺は好き。TAMRONの新商品である2つのレンズがショーケースに飾られていた。1つはEマウント用でもう1つがEF、Fマウント用。どちらもコンパクトなつくりで、同じサードパーティであるSIGMAとはずいぶん異なる。Eマウント28-75mmがいい感じ。広角端が24mmではないのが個人的にちょっと気になる。

f:id:pliocene_coast:20180301205445j:plain

 こっちのレンズがSIGMAが開発中のEマウントの鈍器で、焦点距離は14 mm! 試写もできたけど、でかくて重い。重いんだよこれが。お値段も結構しそう……お値段もけっこうしそう! 頼むぞ……。

f:id:pliocene_coast:20180301210152j:plain

 開発中のEマウントレンズ群が展示されていました。これだけの数のレンズが一気に市場に揃うのはすごい。

f:id:pliocene_coast:20180301211124j:plain

f:id:pliocene_coast:20180301211141j:plain

 ZEISSブースでは、OtusやLoxiaの試写ができました。最近ではヨドバシカメラZEISSブースができて、そこでレンズを触ることができる。写真は5Dmark4とOtus 85 mmで撮影しています。

f:id:pliocene_coast:20180301211605j:plain

 コシナのブースより、フォクトレンダー HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Aspherical。10 mmの世界、一度撮ると12 mmや15 mmがとるに足らなくなるから凄い。このレンズの特徴として、たしかバキバキの光条が撮れた気がする。サイズもコンパクトで良い。基本的に建築や構造物を撮るのには良さそう。星景で使うには、F値が暗すぎると思う。場所によってはF2.8でも足りないです。ISOを6400以上にしなくてはいけなくなると思う。

 APO Lantherの展示があったけど、試写したらめちゃくちゃ写りが綺麗だった。超広角が欲しいなあと思っていた矢先に、これは迷う。

f:id:pliocene_coast:20180301211933j:plain

f:id:pliocene_coast:20180301212532j:plain

f:id:pliocene_coast:20180302010639j:plain

 ソニーブース。展示のレンズ群とαボディにに紛れてシレッとPS4が混じってたけど、お前カメラじゃないからな? α7Ⅲのタッチ&トライは行列だったので、モデルさんを撮影する。望遠レンズのお試しができた。望遠は、ストレスなく撮影できて楽しい。ハイスピードな動きにもついていける。群衆に囲まれたダンサーを撮影する際、瞳フォーカスが思わぬところに誘導されてしまい、こういう場面は苦手なのかなあと思った。

 400 mm単焦点のモックが飾られていた。これ一本で40万円くらいしそう。Eマウントの純正品は高すぎて買う気になれない。

f:id:pliocene_coast:20180301212841j:plain

 新商品のストロボを使用した撮影が出来た。

f:id:pliocene_coast:20180301212948j:plain

f:id:pliocene_coast:20180301212959j:plain

 Canonブース。EOS Kiss Mブースが人気だった。他のメーカーと異なり、子どもがカメラに触っていたのが印象的。マウントアダプターを噛ませばEFレンズも使えるらしい。背面ディスプレイはタッチパネルになっていて、6Dmark2のように横にパカっと開いて回転も可能。たぶん自撮りとかも考えてつくってる。

f:id:pliocene_coast:20180301213748j:plain

f:id:pliocene_coast:20180301213802j:plain

f:id:pliocene_coast:20180301213817j:plain

 I AM Nikonブースへ。今回、Nikonは新製品のアピールはないようだ。D850はめちゃくちゃ展示されていて、モデル撮影も体験できた(上の写真)。期待されていたフルサイズミラーレス等の情報がないので、ツイッターではNikonよりもミスタードーナツのブースのほうが並んでたと揶揄されていた。会場にね、なぜかミスドが出店していてね……。

 モデル撮影、なかなか難しいなと思う。自分には無理だ! 隅っこの方でシャッター押していたい。隣の人はめちゃくちゃ連写していたけれど。わからないけど、ポートレートって連写が普通なのか?

f:id:pliocene_coast:20180301214737j:plain

 こちらの写真は、フジのX-H1で撮影しました。背景に思いっきりCanonって書いてあるけどFujifilmで撮りました。ブースが近いだけです。

f:id:pliocene_coast:20180301214922j:plain

 X-H1はグリップ部分が大きめにつくられていて、とても握りやすい。操作性は非常に良いと思う。

f:id:pliocene_coast:20180301215140j:plain

 生きてたで(By PENTAX

 PENTAX、ちゃんと息をしていました。生きてました。現場からは以上です。

f:id:pliocene_coast:20180301215308j:plain

 K-1mark2の試写ができました。噂の手持ちリアレゾは、撮影後のインターバルがかなり長いけど、撮っていてとても楽しいと思う。通常の撮影と比較しても、リアレゾの描写は間違いなく綺麗だった。新レンズの50 mmをつけて撮影したが、AFは他のメーカーと比べてやっぱり遅い。K-1から少し改善はされているのだろうけど。

f:id:pliocene_coast:20180301215540j:plain

 個人的に注目していたのが双眼鏡メーカー。どこかの情報かは忘れたけど、Nikonのシェア率が高く、写真のコーワは3番目くらい。学部生のときはNikonを使っていた気がする。双眼鏡にもカメラのレンズと同様に明るさがあり、数値化されている。「これって単位は何?」と出展スタッフに訪ねると、「わかんないです」との返事。

 他にも様々なメーカーのブースがあったの割愛します。平日なのにこれだけの人が来るのだから、土日は地獄だろうな。これから行く人は、(その日が寒くなければ)春秋用の上着とハンカチを持っていったほうが良いです。会場の中はかなり暑く、写真を撮っていると汗はダラダラ。湿度も高かったです。全部会場にいる人の二酸化炭素か? と思うくらい。

 女性のモデルさんもいいんだけど、男性モデルとか、めっちゃマッチョなアスリートとかも店頭に立ってくれねえかな……。

Copyright © 2017 pliocene All rights reserved.