北と日記

大学院生の多趣味奮闘日記

ぎゃんかわエゾシマリスたちに会いに行く

円山,焼き肉臭すぎでしょ


 円山公園一帯が炭火焼のにおいに包まれている。というのも,連休中は公園内での火器の使用がOK! のようなので,花見&BBQをしに多くの人が集まっているからだ。公園の入り口に自転車をとめると,そこから先が煙で白く曇っていた。人集まりすぎじゃね? 東京ほどではないとは思うけど。ちなみに,北海道でのBBQはだいたいジンギスカンを焼いている(と思う)。最近めっきり食べてない。

 研究が一区切りついた(気のせい)ので,GWを楽しみに,円山に出かけたのだった。本当は札幌近郊ではなく,支笏湖とか洞爺湖とか行きたいんじゃ。登別クマ牧場とか超行きたいです。残念ながら遠出する時間がないし,金がない。そんな悲しい現実を背負っているので,自然とペダルを踏む力も重く,はならない。最近寝起きが悪いのでぼーっとする頭を抱えながらえっちら道路を進んでいく。

 円山動物園も劇混みだった。うわあ,という言葉が出てしまうくらいの混雑っぷりである。駐車スペースがないのに,どんどこどんどこ車が押し寄せてくるから,レジャーで来た人はすごく大変そう。札幌はものすごく土地が余ってそうなのに,案外巨大な駐車場は少なかったりする。するよね? 道東のようなクソ田舎であれば路肩に車を停めたところでだれも来ないのだけど,札幌市はそうはいきません。

おまえ,リスだな!?


 前回のように円山に登ろうとしたら,木の陰のところで怪しい動きをしているおっちゃんがいたので,そっと忍び足で近づいてみた。だいたい,道から外れたところでガサガサやってる人は,植物の写真を撮っているか,動物の写真を撮っているかのどちらかだ。今回は後者だったようで,視線の先をたどってみると,なにやら小刻みに動く小動物が……。あ,あの警戒心の高そうな素早い動きの生き物は,まさか――!

20180504-_DSC0107

 餌付けされとるやんけ!!!

20180504-_DSC0366

 彼らの名前はエゾシマリスという。本州にいるシマリスとは亜種の関係で,エゾリスとの違いは,外見的特徴を除けば,地下に営巣すること,比較的地上に生活圏があるということ……らしい。日本には外来種のチョウセンシマリスという種もいる。どこがどう違うのか画像では判別できない。当然だけど,餌付けされていなければ警戒心の強い動物だと思うので,めったに人前に姿を見せることはないんじゃないか。

20180504-_DSC0177

20180504-_DSC0228

 野生を忘れている……。

北海道では,野生動物への餌付けの是非がたびたび問題になっていて,円山でも餌付け禁止の立て札が張られている。野生動物への餌付けを禁じる理由は幾つかあって,例えば互いに感染症を移してしまう危険等,さまざまな悪影響がある。本当に野生動物のためを思うのならば,餌付けしないという主張は理に適っていると思います。自分も最近不用意な行動が目に余るので,反省します)

ダニ脳炎:注意呼び掛け 札幌の野生動物、1割感染 北大の研究チーム調査 - 毎日新聞

 円山周辺はその辺にヒマワリの種が散らばったりしている。餌付けは頻繁に行われているようで,人の気配がすると動物自ら顔を出してくる。これがヒグマだったら絶対餌はやらんよな。リスだから軽く受け止められてるけど。

20180504-_DSC0243

20180504-_DSC0166

20180504-_DSC0145

20180504-_DSC0121

20180504-_DSC0558

20180504-_DSC0549

20180504-_DSC0536

20180504-_DSC0513

20180504-_DSC0390

 彼らが何をしているのかと言うと。ちょうど,冬眠から目覚めたようで,秋に埋めた種を掘り返したり,それを巣穴に運んだりしているらしい。かわいい。そして素早い。シャッターをきるとリスの周りが時空がゆがんだようになる。これってローリングシャッター現象とかいうやつ?

20180504-_DSC0112

 キミは――!? エゾリスくん(ちゃん?)じゃないか! こんなに大きかったっけ。ドブネズミくらいの大きさがあるんだけど。本州のリスより一回りでかくね?

 ちなみに,聞く話によると,リスの天敵はカラスらしいです。今日も,リスの写真を撮っていたら,カラスがリスの方をみてちょっかいをかけたそうにしていたけれど,カラスくんにとってはおいしそうに見えるのか? 一部,大人のリスは襲わないという情報も聞いたことがある。どうなんだろうね。誰か知ってたら教えてくださいね。

 

Copyright © 2017 pliocene All rights reserved.